電話・メール・ファックス・郵便のみで対応できる事案であれば、全国対応も可能

 各種通知書や催告書、陳情書などの代書サービスを、千葉市を拠点に行っております。


 各種通知書や催告書、陳情書類を代書するだけでなく、行政書士が内容証明郵便での発送作業をも代行いたします。


 精査した定型文例での作成はもちろんのこと、オーダーメイドのオリジナル文案作成もお任せください。


督促事案を多く抱える事業者様にも対応

  • 喜怒哀楽 うれしい

    的確

    書類作成の

    専⾨家対応

  • キラキラ 3

    代⾏

    お客様の意向

    に従い作業

  • ハートのマーク3

    納得

    多様な公務員

    経験を⼟台に

ダウンロード (5)

check!

頼み易いリーズナブルな価格設定

「意思表示に関する書類」作成・内容証明発送サービスをリーズナブルにご提供

東京ほか幅広い地域のお客様からのお問合せに対応

  • Point 01

    ご事情に応じた柔軟対応

      ”ご近所さんの迷惑行為をやめさせたい" "互いに冷静に話合える機会を提案したい" "債務者に対して支払いを強く求めたい" "役所に対し書面で強く物申したい" "内容証明郵便を使って先方に意思表示したい" とお考えのお客様を必要な書類作成・書類送付作業面からお手伝いしております。

     東京近郊にご所在のお客様の場合、ご要望に応じご所在地付近にある提携会議室を使いそこでご相談をお受けすることもできます。

  • Point 02

    客観的な書類を的確に作成

     複雑なご事情や経緯を持つお客様の場合、限られた時間の 中でしっかりと当⽅でお話をお伺いしたのち内容を整理し客観的な書類としておまとめします。

     作成書類の先⽅あて発送サービスをも幅広い地域を対象にご提供しております。

  • Point 03

    事前のご予約で⼟⽇祝⽇も対応

     事前のご予約で⼟⽇祝⽇もご相談を承っております。

     当事務所(千葉市中央区)にお越しいただける場合には、原則として初回相談料がかかりません。

拠点周辺や都内近郊にお住まいの方が気軽にご相談できるような体制を整備

About

ささら行政書士事務所

住所

〒260-0014

千葉県千葉市中央区本千葉町15-1

京成千葉中央ビル3階

Google MAPで確認する
電話番号

043-400-3146

043-400-3146

FAX番号 043-332-9202
営業時間

9:00~19:00

E-Mail

sasarajimusho@kmhy.jp


 対⾯でのご相談は、お客様からの事前のご予約をもとに当事務所 (千葉市中央区) でお受けすることを基本としています。


( 事前のご要望で、都内及びその近郊に複数ある当⽅の提携会議室を使いご相談をお受けすることもできます。[JR線等の主要駅から徒歩圏内] )


的確な対応を志す行政書士事務所として納得感あるサービスをご提供

ささら行政書士事務所のこだわり

お客様の問題意識にしっかり向き合い、必要な通知書・要望書・催告書・陳情書類を丁寧に作成します

 お客様が、何らかの対人不和(男女関係やご近所関係、職場・学校・消費者関係等)を抱えていて、相手方当事者に対しその解消を図るため何かを告げたり申入れたりしたい場合は、間違いなくその内容の意思表示をしたことの確かな証拠となる「内容証明郵便による書面送付」の方法で行うことが後々になって役立つこともあろうかと思われます。


 現在抱えている対人問題が、後日やむを得ず裁判に移行することになった場合でも、何月何日にかくかくしかじかの内容で確かに相手方に意思表示し伝えた、ということを揺るがぬ証拠として残す心強い一手になる、と言えるでしょうか。


 なかでも「催告書」は、主として未回収の債権(賃料・売掛金・養育費等)を持つ債権者様が、裁判など法的措置を検討する前段で任意の⽀払いを相⼿⽅に強く迫る際に有効な⼿段と考えられます。


 当事務所は、「催告書」を始め各種「通知書・要望書類」の作成支援から発送代行までお客様をサポートしております。


 「意思表示に関する書類」作成に通じた行政書士が対応しますので、書類作成作業面でお困りの方はご予約のうえお気軽にご相談ください。


 「催告書」の送付後、先⽅から分割⽀払いなら可能、などといった意向をご依頼者ご⾃⾝において取り付け合意に⾄った場合には、その⼝約束の内容を書⾯(合意書・協議書)として残しておくお⼿伝いをも弊所で承ります。


 また、お客様がご近所からの騒音・異臭等の迷惑行為にお困りでその対策をお探しである場合、まずはその問題を第三者的視点から客観的に文書化(通知書・要望書・協議申入書などを作成)し、


それをもって相手方に対し毅然とした姿勢で意思表示することで、事態が収束したり建設的な話合いの機会を得るきっかけとなる場合もあろうかと思われます。


 さらに、役所・警察あて要望書・意見書・通報書の性質を持つ「陳情書」や「被害届」を必要に応じ作成することも、お客様のお困りごと解消に役立てられる場合があるのではないでしょうか。


 ちなみに、役所あて「陳情書」作成につきましては、弊所では他の同業者(公務員履歴のない⾏政書⼠の⽅)と⽐べ、ある程度勘どころを押さえた役人に伝わり易い表現の陳情書⽂案の作成ができるものと自負しております。


 (事務所の代表は国の出先機関で様々な⾏政事務に22年間従事)


 ただ、毅然とした意思表示を志す想いが高ずるあまり、当事者間での話し合いを充分に尽くさぬまま、相手方に対し拙速にあからさまな敵対的表現を用いてしまう場合には(裁判提起をほのめかす意思表示を早々としてしまう場合には)、


かえって本質的な問題解決(相互理解)にたどり着きづらくなってしまう、といったことも場合によってはあるようですので注意が必要です。


 お客様の抱えているお困りごとが複雑な事情・経緯を持つものである場合には、あらかじめ⾯談をご予約いただいたうえでお客様にご持参いただく関係資料類をもとに、限られた時間の中でしっかりお話をお伺いできればと思います。


 まずはお気軽に、お電話やご相談フォーム等からご予約のうえご相談ください。


お気軽にご連絡ください

( お困りごと内容によりましては、当事務所で承れない事案もございます )




 例えば、 訴訟 (やそれに準じた⾼度な交渉) を通じた問題解決が不可避的な段階にまで至っている 法的紛争事案【※1】については、その問題解決のために必要な書類を行政書士が (反復継続して行う業務として) 作成することは原則できません。


 ただし、行政庁あて許認可申請をした際での (不利益処分等に関する) 抗弁の陳述や、ADR法に基づく手続きとして認められる場合については、この限りでありません。


 また、裁判所あての手続書類を作成することは、紛争性の有無を問わずできません。


 その他、不動産等に関する登記手続書類 (法務局あて) を作成することはできません。


 弁護士法及び司法書士法等による制約から、ご了承ください。


 このような場合には、お客様のご要望次第で最寄りの司法相談窓口 (法テラス) 又は提携する他士業者等をご案内させていただきます。


 【※1】協調的な話合いベースでの問題解決がもはや全く期待できそうにない事案




 なお、放置すると地域の安全を脅かすような困った事態が発生している場合に、お客様において役所等あて通報書類 (情報共有書類) 作成をご希望の際には、行政書士でその作成作業をお手伝いできます。


 (  お客様が刑事事件・被害に直面している場合には、その事実を警察署等に知らせ地域の安全確保のため捜査を求める書類の作成・提出作業 ( 被害届等 ) について、行政書士でお手伝いできます。




営業時間 9:00~19:00

ご相談・ご依頼フォーム

Contact

 以下の必須入力項目をご確認のうえ送信ください。


  ※   印の項目は必須入力です。


① 「面談希望 (対面相談)」「電話相談希望」を選択されたお客様には、具体的な希望日時を後程こちらからお伺いしております。

②  また、対面でのご相談・お打合せは、原則として当事務所 (千葉市中央区) でお受けしております。
 
 ご要望次第で東京都内及びその近郊に複数ある当方の提携会議室を使いそこでお話をお伺いすることもできます。
 ( JR線等の主要駅から徒歩圏内 )

 ※ 都内及びその近郊の提携会議室をご希望の場合、実費として一律4,000円をご負担ください。